倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

大阪大会準決勝観戦

先週土曜日 大阪舞洲へ大阪桐蔭 大阪偕星戦を観戦に行ってきました
これで3年連続 舞洲へ来たことになる(笑)
一昨年はうちの学校が 近畿大会出場したため子供達を乗せて偵察に(笑)


去年は 大阪桐蔭 履正社戦 夏の大会準決勝を観戦 あまりのレベルの高さに
圧倒されました
なぜ 他府県の試合を観に行くかというと 自分の県の高校野球ばかり
みていると 目が腐るからです(笑)


特に私の県のレベルは低く いい選手が県外に出て行ってしまうのも
仕方がないんだけど 私から言わせれば 趣味で監督してんのか って
思える指導者が多すぎる
このことについては また別の記事にするとして(笑)


そのレベルの低い野球をみていると これで甲子園に行けるんちゃうか
なんて思わなくなる
父母会の方々は 試合をみて 勝った勝ったって喜ぶけれど
他府県のレベルの高い試合をみていると 勝っただけで喜べなくなる


その大阪準決勝の大阪桐蔭 偕星戦は 偕星の投手の方が球自体は
速かったけど 桐蔭のバッターはなんなく打ち返した
それに対して 桐蔭の投手は球速では劣るものの タメがしっかりできていて
さすが大阪桐蔭の投手 と思えるだけのことはありました
投げる時 腰が回転してホーム方向になっているのに 腕 肩はまだ
サード方向に残っている 
これがタメです

投げる腕にも力は入っていないはず たぶん。。。。。(笑)
残念ながら うちの県で このような投球ホームで投げる子はほとんど
いません 球速が速いとかの問題じゃない


そういう指導を教えられない それかわかっていない指導者 監督が
ほとんだと 思う  本当に残念 だからいい投手の中学生は他府県に
行ってしまうんだな(泣)
高野連もわかってないしなあ。。。。