倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

退職決定的原因その一 大和真空をはめ込む

証券会社を退職の決定的原因  その一 (笑)


株のはめ込み (公募株や 機関投資家の売り玉に買い向かわせるために 
お客さんに 相場と全然関係ない銘柄を薦めて 買わせること)
いろんな銘柄をやりましたが 一番印象に残っているのが
大和真空という株をはめ込みしたときです


当時 上場して間もない頃だったので株価は3000円ほどしていました
その値がさ株(高株価のこと)を支店ではめ込みの指示が営業本部からきた


まあ どこかの生命保険会社かどこかが売りたいから 個人営業で
買い向かいの玉を手立てせよ ということなんだろう と
でもね 当時はいまと違って 単位数が1000株単位なんですよ


3000円で1000株  つまり300万円の資金がいる
そんな高額の株を はいそうですか っていって買ってくれるお客さんなんて
そうそういないです
それも これは本当に値上がりするって 自分が思っていればまだ
セールストークに熱が入るけど なんで大和真空なんや って
思いながら勧めるから 余計に買ってもらえない


ズルズル時間だけが過ぎていき なかなかはめ込みのノルマが達成
されないなか 支店長 ラインのT次長 と
営業マンたちの我慢比べに。。。。(笑)


どうしても 消し込みが進まないために 私もどうにかせなあかんと
思い 本当は薦めたくなかったある顧客に電話しました
そのお客さんは 御老人で株の預かり資産は約500万円ぐらい


それで 私は持ち株を売って 大和真空を買いませんか と
セールストークした
○○君 その株は本当にいいんか? と聞いてきたので
すごくいい会社です  これに賭けてみませんか と強く勧めた 
(こころが 痛かったですねえ。。。)
じゃ ○○君の言うとおりにするわ  ということで買ってもらうことに


営業場は やった! とほっとした雰囲気に
でも この売買だけで 手数料 その頃は 片道3%ほどだったので
300万円×6% 約18万円 が顧客の資産が減ったことになる
それだけではない


その当日 寄り付きでクロス売買を終わったとたん 株価は
アッという間に下落 約200円ほどだったかな 下がってしまった
私は 腹がたって そのパワハラのT次長に食ってかかりました
こんなことをしてていいんですか! こんなことしてたら
個人営業なんて みんなつぶれてしまいますよ! と


私はその顧客に申し訳なく こんな業界にいるとだめだ
やっぱし 退職をするしかない と思ったのでした


ただ 会社を退職してから 引継ぎをした後輩社員にきくと
その顧客は 資産を増やしてけっこう喜んでもらってますと
聞いて ほっとした気分に


それは なぜかというと 私が退職したのはバブル経済が
始まる直前だったので 私の顧客様たちはすべて儲かって
資産を増やしたのです
あとから たまに会った顧客のひとも ○○くんはいい銘柄を
薦めてくれた よかったわ~(笑) と言われ 喜んでもらったけど
複雑な気持ちに。。。


私は ある意味 バブル経済に救われたのです