倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

組合活動

絶対的権力は絶対的に腐敗する  って誰かが言っていたけど
やっぱし そうなるんやなあ
カルロス ゴーン あんた10億円もらってて それでもまだ足らんか!
つくづく思います 人間の強欲 って際限がないんですね いやですねえ。。。。


ということで



私が勤めていた証券会社にも 労働組合が曲りなりもあり(笑)
組合の活動を部署ごとに代表して活動する代議員という制度がありました


年齢で言うと30歳前後 脂の乗り切った社員が 組合員の投票で
選出されて 労務交渉とかを支店長など 経営側とするのです
私も27歳だったかな 選出されてなりました


代議員は大変です  労務交渉するのにそれなりに仕事が出来なかったら
支店長に強気で交渉出来ないんですよ
支店長サイドからすれば できるだけ安いコストで働かせたいですから
残業代なんて払いたくないんですよ めちゃくちゃやけど


いちど こんなことがありました
新人の女性社員 新人社員は最初のうちは残業してはいけない取り決めに
なっていたのですが そんなことはおかまいなしの突貫小僧支店長
○○さん これ何時までにやっといて みたいなことを言ったので
そういうときは 代議員が支店長に言わなければならないんですよね


支店長 だめです!  って
支店長 新入社員は残業禁止です 定時で退社です ってなことを
伝えて その女性社員に帰宅するように言いました


このようなとき 仕事 私の場合は営業でしたから 数字が出来ていないと
強気で言えないんですよ  本当はおかしいんですけどその当時は
そういう時代だったのです
なので 代議員としていつでも交渉できるようにいつも以上に
数字を意識していました


代議員は1年すれば ほとんどの人は交代します  が
うちの支店では 後輩が数字をあげる人間がいなかったので
またもや 代議員をすることになったのです
2年連続代議員をするもの好きは ほんと珍しかったので
総会で 東京に行くと 組合長から また○○か!(笑) と
組合上層部で名前を憶えてもらうようになりました


でこの結果 退職するときに組合の上層部が うちの支店長に
なぜ 退職させた 退職させるまえにいってくれていたら
組合でひっぱるのに とちょっとした騒動になったそうです


そのはなしを 退職してから上司の方から聞いたのですが
ありがたかったですねえ
でも やっぱし 辞めてますけど(笑)