倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

支店全員のノルマをひとりで

営業に出てまだもない頃  新規開拓で株主名簿をみながら 電話を
かけまくっていたら ちょうど社長さんが電話に出て 話を聞いてもいい って
人が現れた


すぐにその会社に行くと メリヤスを作っている会社でそこそこ
大きな会社 事務員さんに社長を呼んでもらったら
社長が現場から 綿くずだらけで出てきた
一見 めっちゃ眼光のするどい こわそうなひと(笑)
私より10歳ほど年上の若い社長だった


そして 私の話を聞くと そしたら買うわ と即答
すぐに 自宅に戻って 約300万円を現金で持ってきた(笑)
そのT社長が 私のはじめての株の顧客です
私が25歳ぐらいだったかな  初めての顧客になってもらい
そして 社長が亡くなるまでの約25年 公私ともにお付き合いしてもらった


このT社長のエピソードは 書ききれないぐらいある(笑)
飲みに連れてもらって 一緒に飲んでいた人が友達なんだけど
ある組の 組長さんだったり 愛人のお迎えをしに行ったり。。。(笑)


それはまた いつか書くとして


あるとき 営業本部の命令で 推奨株を富士通 これの
買い注文を取りまくれ! とのお達しが
これを T社長に伝えると よっしゃ そうしたら 今持ってる
株 全部売って 富士通にしよう  現物も信用も!


いわゆる 二階建てですな 現物を担保に 信用でもおなじ
銘柄を買う   まあ いちばん危険な買い方。。。。


社長の言うとおりに 全部富士通に 信用で建てられる
枠いっぱいに買った
売買金額で言うと 3億5000万ぐらい!
もちろん 支店のノルマ すんなり達成 わたしひとりで
ノルマ達成してしまった


今でこそ もっと大きな金額で株を動かすひとはいくらでも
いるけど 当時としたらけっこうな金額だった
ちなみに 東証の出来高がだいたい3億株ぐらいの時代


突貫小僧の支店長は 狂喜乱舞! 大喜び! (笑)
仕事を終わってから みんなで飲みに行こうに と言って
営業マン全員で飲みに行きました
今考えれば ある意味 のどかな時代だった(笑)


でも 心の中で退職を決めていた私は 最後の半年は
めーいっぱい ノルマをこなそうと思っていたので
少しは会社に貢献して辞められるな みたいに思っていたのです