倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

端株取引の利点

今日も相場は安かったですねえ
トランプさんが 関税引き上げで貿易戦争になるのでは
とそういう観点から 相場はこのところさえないです
でも 私にとっては 相場が安かろうが高かろうが全然関係ないです
ぜんぜん  かんけね~ じゃなかった そんなのかんけいね~ って
ギャグ あったなあ。。。(笑)


自己資本比率の高い 配当利回りの高い 株を少しづつ
買って さがればまたすこしづつ 買うというスタイルですから


今 助川電気という株を 少しづつ買っているのですが
買値のコストは 約900円 高い時は1400円ぐらいまで
ありましたが 欲を出して利食いせず (笑)
そしたら この相場だし 信用残も小型株にしては けっこうあるので
じりじり 下がってきて 今日の終値は839円!(笑)
すこしづつ 買い増し 証券会社の営業言葉で 現物沈潜 ってやつ
そんなたいそうなもんじゃないけど (笑)
そうしたら 今現在 85株になってしまい リミットの99株まで
あと少しになってしまった


なぜ99株がリミットかというと 100株になると
上がってくると 少しづつ 売れないからですよ
5株うりとか 10株売りとか。。。。細かーい!(笑)
100株 つまり単位株になると 利食いが一発勝負になってしまい
打った後 上がったら めっちゃショックをうける(笑)
そして そういう場合 たいてい上がる!(笑)


助川電気は 時価総額が約50億ぐらいしかないので
また 上がりだしたら けっこう値が飛ぶ と思うんですよね
だから 買値から せめて500円 1000円と
上がらないと 売らないつもりです ってわからないけど。。。。(笑)


それまでは 利回りが約3%あるので 配当もらって地道に待ちます
端株取引は 株数が株数なので 30円あがった 50円上がった
なんてことでは利食いできないです
ほとんど 手数料になってしまうので 利食いはけっこう値幅を
取ってから 利食いするように自然となりますね
こういうのも 端株取引の利点だと思うのですが。。。