倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

計画倒産 いや夜逃げ

リーマンショックの影響で売り上げがどんどん落ちて 苦しんでいたころ
取引先の あるデザイン会社から 受注していたのですが
集金に行ったところ 事務所が留守になっていて
電話しても出ないし 個人的に知っていた社員の携帯に電話しても出ず。。。。


まあ 俗に言う 夜逃げです
この会社のオーナーの電話番号も知っていたので 電話すると 
おれも 被害者や  あいつ逃げやがって。。。。と
社長は デザインデータを作っていた 普通の社員E君でした
会社倒産する1ヶ月前ぐらいに なにもわからないまま会社社長にされていたのです


そしてそのオーナーは 計画的に倒産させ その社員E君に全責任を
負わせたのです
登記簿上 そのE君は社長ですから 債権者はその社長になったE君に
債権取り立てに行きますから 夜逃げしたのです
なにもわからないまま。。。。


うちの集金ももちろん出来ず  
そして これでとどめを刺されました
このE君をだました オーナーは普段は教育関係の仕事をしていて
塾を数多く持つ 人です   が。。。本当はえげつないやつです


塾をやっているのも ただ教育関係の本やテキストを売りたいため
子供がどこに受験しようと 落ちようと そんなのいっさい
関係なし なぜこういう人間が教育関係の仕事につけるのか
不思議で仕方ないです
今でも のうのうと東京で生活しています


このデザイン会社の売り上げが回収できなくなってしまって
どうしようもなくなった私は元銀行員の方に相談したのです


結局 会社整理のはなしはまたするとして
そのだまされて社長になって 夜逃げした社員のE君は
しばらくたってから (うちの会社が倒産した後)連絡が入り
少しづつですが 回収させてもらいました
ということは そのE君は会社の債務を個人で支払った ということに
なります


そして そのE君ははその後 私との商売上切っても切り離せない
とても重要な取引先 パートナーとなるのです
今 商売がなんとかできるのも そのE君のおかげといっても
過言ではないです