倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

ボール 忘れました!

悪夢のような1年生の学年が終わり(笑) 新入生がたったの3人
でも 学年が上がったことで Iからのいじめもなくなりました


私の上の学年の人たちは 私たちよりも数段 野球が出来る選手が
多かったのですが いかんせん全然練習しなかった
というより 自分から進んで練習に取り組む という姿勢が
あまりにもなかった


このひとつ上の学年の公式戦の戦績は 1勝4敗 つまり
1年間で 1勝しかしなかったのです
そんな先輩たちの 練習試合でいちばん記憶に残っているのは
夏の大会前に行った 奈良の智弁学園との練習試合です
たぶん 高嶋監督はまだ就任 3年目ぐらいだったと思います
(智弁和歌山に就任するのは まだまだ先のことです)


新入生が少なかったこともあって 相変わらず 野球道具は
私たちの学年が 準備して持って行ってました
智弁学園に着いて ノックの準備をし始めたときでした
ボール係りの同級生Yが 真っ青な顔で ボールがないと言いだしました
(Yは同学年で1年生の時に退部して つい最近再入部したばかりでした)


いくら調べてもありません  学校へ忘れてきたのです
監督に殺される覚悟で謝って それで 近くのスポーツ店に行き とりあえず
ノックするだけのボール買って 試合に臨みました
試合前に 3年生から おまえら今日は学校へかえったら
ただではすまさんからな! と血相かえて言われました


試合も智弁に全然歯が立たず 8回終わって0対5
もう あかん  こりゃ学校へ帰ったら殺されるわ
同級生のみんなは 生きた心地がしなかったです 


ところが あとがない9回表の攻撃で なぜかヒットが続き(笑) 3点入って
なおかつ ワンアウト2.3塁 
そこで監督が出したサインは2ランスクイズ! 2番バッターの先輩が見事決め
2塁ランナーもきっちり帰って 5対5の同点に!
(金足農業か! (笑))
結局 試合はその裏に1点入れられて サヨウナラ負けをするのですが
監督は今までにないねばりに 帰りのバスでは上機嫌 
先輩もそれをみて ボールを忘れてきた件は 許すと言われ
ほっと一安心で帰ったのを覚えています


それから 何年か経ったころに偶然 その試合の相手 奈良智弁の
選手だったOBのひとと会う機会があって 試合のことをしゃべると
その方も覚えていて その試合のあと 高嶋監督はめっちゃ激怒!
強烈なしごきの練習が深夜まで続き 終わらなかったそうな。。。。
だから 相手側の智弁のOBも忘れられない試合に
そりゃ そうなるわなぁ。。。(笑)


ってこの記事を書いていたら なっなんと高嶋監督 勇退のニュースが
今でこそ 甲子園最多勝監督としてもてはやされますが 最初の頃は
全然勝てなかった でも この記事に書いた通り持ち前の負けん気と
強烈な猛練習であの 黄金時代を作り上げたのだと思っています


取引先に 息子さんが智弁和歌山の選手だった人がいますが
聞きますと 子供たちは本当に高嶋先生のことが大好きで
だから 過酷な練習にもついていけるとおっしゃってました
OBの結婚式は必ず出席するそうな。。。。(笑)


高嶋監督 お疲れさまでした
そして 練習試合の相手を何度もしていただいて
本当にありがとうございました