倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

本を読むということ 

おはようサンサンサンシャイン って必ずこの挨拶をしながら
その人は会社に明るく出勤します(笑)


Kさん ノルマノルマで どうしても暗くなりがちな職場で
ひときわ明るい声で 営業の仕事をされる方でした
広島出身で 関西学院大学出身 でも シュッとはしていなかったなあ(笑)
営業とはこういうことや って教えてくれた 私にとって師匠みたいなひと


そういえば 前に記事に書いた 阪神 球道くんのお父さんとやりやったのが
このひと(笑)
当時 30歳前半でもう課長代理をされていて 投資顧問契約の
顧客を開拓したりして やり手の営業マンでした


そのKさんが まず初めに言ったのが 本を読みなさい と
どんな本でもいい エロの本でもいいし 推理小説でもいいし
なんでもいいから ただし 漫画はだめ 文章でないとダメと
言われました


○○は高卒やろ うちの会社は 有名大学出身が多いやろ
そういう同僚に営業成績で負けないようにするのには 本を
読まんとあかん  
本を読むと しゃべり方も変わる 知識がふえて顧客とも
いろんな話しが出来るようになる
そうなったら 大学出の人間にも対等に勝負できる みたいなことを
言われました


それからです 私が本をよく読むようになったのは
初めは歴史小説から 経済の本や そういえば三国志 読みましたなあ(笑)
本を読み始めて わかったのは Kさんが言うように少しづつ
しゃべり方が変わってきたこと 
あと 本を読まない人がわかるようになったこと(笑)


会話をしていて あ~ この人あまり本を読まないんだなあ。。。って
わかるようになりました
なんとなくですけどね ほんとなんとなくですけど わかるんです(笑)


私が思うのには 高校野球の監督は しょうもない野球理論の本よりも
戦国時代の歴史小説を読むほうが 絶対にためになると思います
絶対に!!(笑)