倒産社長のちまちま株式投資日記

経営する会社を倒産させてしまった社長が少ない資金で株式投資をする日記

森 伊蔵

これ 人の名前ではないですからね 
もり いぞう  芋焼酎の名前です
めちゃくちゃ 有名  その当時 あまりに美味しい ということで
プレミアがつき偽物まででたという しろもの
当時 1本 4万円ぐらいしてたんちゃうかな。。。。


取引先のお寿司屋さんでちょっと同級生と飲んでいたとき
その偽物が出回ってる というニュースがテレビに映し出されていた
そのニュースをみて 私は 一回ぐらい 森伊蔵 飲んでみたいわ って
言ったら  となりのめっちゃ怖そうな いかにも ってお客さんが
飲んでみる? って言ってきた
(どうも あちら系の人に好かれるみたい。。。。(笑)
そして マスターがその 森伊蔵 もちろんほんまもん! 
出してきた


それで そのひとに森伊蔵をよばれて おいしく頂きました
そういや 泡盛もいただいて その日はべろべろになってしまった(笑)


それから そのことがきっかけでなぜか私のことを気にいってくれて
よくゴルフや飲みに連れていってくれました
それも 高級ラウンジや 韓国クラブとか めっちゃ高い店ばかり(笑)


その人は 消費者金融の会社の会長さんで その当時は
手広く金融をやっていたみたいです
何年かお付き合いさせいくうちに 今まで記事にしていたとおり
私の商売がどんどん悪くなっていきました
そして 最後のあがきみたいな 追い込まれていたときに
その会長に融資できないでしょうか って言ってしまった


その時に言われたのが うちから借りたら もしなにかあると
僕は○○くんを追い込みせなあかんようになる
○○くんは友達やから それだけはしたくない と言われ
融資を断られました
会長のいう 追い込みとは 銀行とかと全然違う ということは
わかっていたので 会長のいうこともわかりました


その後 何年かして会社の倒産処理 破産手続きも終わって
落ち着いてから 会長に電話して会って 融資を申し込んだことを
謝りました
会長は そんなことはもうええんや ○○くんが またがんばって
くれたらそれで えーんや と言ってくれました
本当にありがたかった。。。。


会長は その時本当に喜んでくれて 私をまた飲みに連れていって
くれました
もちろん 行った店は言うまでもなく高級ラウンジでした。。。。(笑)